iPhone修理

電源周りのiPhone修理

写真を撮る人

歴代のiPhoneでは、内蔵バッテリーが採用されているので、電池保ちが悪くなつたら機種変更を検討する人が増えています。iPhoneに採用されているバッテリーは、高性能のリチウムイオン蓄電池が使われているので、メモリー効果が起きにくいよう設計されています。しかし、毎回充放電を繰り返すごとに使用可能な容量が少しずつ減るので、満充電をしてから電池保ちが半分程度になった時には交換時です。iPhone修理専門店へ持ち込めば、正規店・非正規店問わず交換対応をしてもらえるでしょう。
iPhoneの電源周りは繊細に作られているので、バッテリーの劣化が原因と個人的に考えていても、実際には違う場合も少なくありません。iPhoneを正規店に持ち込むと、全ての症状を点検するだけでなく、製品出荷テスト段階で不具合があれば電源周りの部品交換がされることが少なくありません。非正規店のiPhone修理を依頼する際には、バッテリー交換だけでなく電源周りのパーツが劣化していないかチェックを依頼すれば安心出来るでしょう。
なぜなら、非正規店では依頼された部分以外を勝手に修理することが無いので、データをそのまま残せるメリットがあります。利用者から指示された場所以外を点検して欲しい場合には、iPhone修理受付時に合わせて点検依頼をすれば、しっかりと対応してもらえます。

RECOMMENDED ARTICLE